Facebook-icon-21 Flickr-icon-21 Twitter-icon-21 Tripadvisor-icon-21 Pinterest-icon-21 Instagram-icon-21 Youtube-icon-21
Deutsch | Français | English | Español | 日本語

モニュメント・バレー

アメリカを代表する観光名所のひとつがモニュメント・バレーでしょう。アリゾナ州とユタ州にまたがってそびえる赤茶色の砂のタワーは高いところで300mもあり、陽光の当たり方によって様々な表情を見せてくれるとても魅力的なスポットです。

フラッグスタッフからは北東へ車で4時間のところ、フォーコーナー近く、全米でも大きなネイティブ・アメリカン部族の居住区として有名なナバホ国内にあります。

歴史と自然

コロラド平原の一部であるモニュメント・バレーはかつて平坦な土地でした。何億年もかけて地層が形成され、これが地下からの圧力によって徐々に押し上げられました。風雨によって浸食されるにつれて残った地層と砂が現在のモニュメント・バレーをつくり出しました。

古きよき西部の象徴として、ここでは数多くのハリウッド映画の撮影が行われてきました。中でも、ジョン・ウェインの乗馬姿が印象的だった「駅馬車」が有名です。ここはまた、全米でも最大規模を誇るアメリカ先住民居住域であり、現在もナバホ族が生活していることで知られています。

おすすめ

モニュメント・バレーを訪れるには、US163号線近く、カエンタの北にあるビジターセンターに寄ってみましょう。ここから、映画やテレビでなじみ深いモニュメント・バレーのパノラマビューが楽しめます。情報満載のパンフレットやナバホ族の食事ができるレストラン、土産ショップ情報もここにあります。この地域を知り尽くしたナバホ族のツアーガイドによるジープツアーも利用できます。